アビジャン    ル・プラトー周辺とエブリエ潟  アビジャンは人口約500万のこの国最大の都市 1960年仏よりコートジボワールが独立時 首都はアビジャンからヤムスクロに移転       コートジボワール   4/11/2016 

一方向からの吊天井構造

サンパウロ大聖堂  イタリア人による設計


曲線の開口部にステンドグラスが映える 椅子の列にもカーブがかかり内部の雰囲気も和らぐ

オールターのステンドグラスは天井まで高くとられて  全体に明かりをひろげまた気持ちを集中させている                サンパウロ大聖堂


国立民族衣装博物館 (旧総督邸跡) グランバッサムはコモエ川の河口でアルサムと呼ばれていた町で時代ごとに様々な民族が流入し  フランス植民地時代には首都が置かれたところ

土着信仰の豊饒神

昔からコスチュームは結構ファショナブルなものがあります

プリミティブな素材ですが「なまはげ」の衣装みたいです


総督業は「ラクチン」です

昔の熱帯雨林にはこんな巨木があった


ノスタルジーを感じる木のルーバー窓からの風景

総督の隠し「脱出梯子」

総督業は「キケン」です


コロニアル建築

旧植民地時代の旧市街の建物


旧郵便局兼税関跡 現在アーティストのアトリエ

マラリア(感染死)の慰霊碑 手には薬草


お祭の日の市場の賑わい

サクレクール教会 (コートジボワールで最初の教会)


雰囲気を盛り上げるお祭の路上ポスター                                                                グランバッサム

お祭のメインステージの櫓  下ではこどもたちが竹のパーカッション

ビーチで遊ぶ子供達 大西洋の波は高い

ビーチのお店 「絵」を使った看板が多い


お祭りのこの日  (旧)国王と部族長の集まりが終わったばかりで 解放感も手伝ってか みんな  笑顔で答えてくれた                                       グランバッサム      コートジボアール     14/11/2016


エルミナ城 (セントジョージ要塞)   1471年当時ギニアと呼ばれたこの地をポルトガル人が訪れ 内陸でとれる金を手に入れたことからミナ・デ・オロという港町が起こる   1482年ポルトガルがスペインに対抗して ギニア湾防衛基地としてエルミナ城を建設 1637年オランダ東インド会社に受け継がれ 奴隷貿易の拠点となった 1872年よりイギリスの統治下におかれる 1957年の独立までコスタ・デ・オロ(黄金海岸)と呼ばれる              エルミナ  ガーナ       15/11/2016

要塞城壁より見る夕日            ここに立つと暗黒時代を思い浮かべずにはいられない  

エルミナ海岸

要塞の中庭

上には総督の部屋 

                                  

女の奴隷牢入口


お仕置きの牢 生きて出られることはなかった 中には犠牲者へ慰霊の花束が置かれている 15/11/2016

奴隷牢内部  ここに 100~150人もの奴隷が詰め込まれ トイレもなかった 

男の奴隷牢入口


東側の海岸からみるエルミナ城  1482年にクリストファー・コロンブスもこの地に来たみたいだ

エルミナ漁村の朝市   行きかう 掛け声・ 鼻をつく魚の匂い ・原色の服の色・よそ者を見る鋭い視線 はすごい活気と迫力です  丘の上に見えるのは セント・ジャゴ要塞

漁船のマストに掲げる色々な国の国旗は単に船の目印に使われていてあまり意味はない

トロ箱を頭にのせて運ぶのはおてのもの  女性は写真を撮られるのを大変嫌がるので要注意!

漁を終えて入港してきたばかりの漁船

ケープコースト城     1555年スウェーデンにより建てられる その後  デンマーク →オランダ→1665年イギリスと支配権が移る 当初はガーナ産の金が主であったがその後 奴隷貿易へと変わっていった 16C中頃~19C中頃の約300年の間に1500万人以上がアフリカから奴隷として売られたと言われ ヨーロッパから武器や綿織物がアフリカに売られ  アフリカからアメリカ大陸と西インド諸島へ奴隷が売られ  そこからはヨーロッパへ綿花・砂糖・コヒー・タバコなどが売られる  所謂三角貿易構造が成立 

 

実際に使われた手枷・足枷・首枷

帰らずの扉      ケープコースト城


ケープコースト城から見える漁村 こんなに浜に人がいる漁村はめずらしい ガーナ 16/11/2016

国道8号線復旧工事のガーナ・日本友好の看板が立っていた   クマシ     ガーナ 16/11/2016  

ヤー皇太后の像   1900年自ら銃を持ち英国に抵抗  アシャンティ王国最後の指導者  敗北し1901年セイシェルに流刑 上着のひかりものは装飾ではなく防弾用のメタルだそうだ

熱帯雨林帯の巨木が時々沿道に顔をだす

英連邦に加盟するが右側通行


ヤシを潰してパーム油をこしらえている

カカオ豆の天日干しをする農家


ビシアス神殿     イギリスとの戦争で破壊されるが再建 木と竹の構造材に土壁  屋根はヤシの葉

アシャンティの伝統建築群の一つ 世界遺産登録

左は神官の格好をする86歳の管理人 因みにガーナ人の平均寿命は57歳

柄には名前が付きそれぞれ意味がある ボンウィレ村   クマシ ガーナ

伝統のケンテ織の工房 織子は全て男子 


アシャンティ王宮入口

アシャンティのシンボル    ヤマアラシ


クマシの市場(西アフリカ最大の規模)  クマシは首都アクラに次ぐ人口約200万の大都市

 17C~19Cにかけてこの地方を支配したアシャンティー王国の古都でもある 17Cに ヨーロッパ人から銃火器を購入したしたアシャンティ族が周辺部族に対して優位に立ち 奴隷貿易で力を蓄え アシャンティ王国を建設して大いに繁栄したが 19Cには植民地化と奴隷貿易の衰退とともに消滅  また クマシは熱帯雨林地方に位置して多彩な植物が生息して「庭園都市」とも呼ばれている 

牛の頭や足を売っていた陽気な連中 

所せましの日用品売り場


偶然出くわしたお葬式 本来写真は遠慮すべきところですが  現地ガイドがこんな盛大なお葬式に出会ってみんなラッキーだと言って自らもスマホをとりだした 部族長クラスの偉いかたの伝統的な葬式らしい 赤い喪服は近親者が着る 偉い人は傘の下に席をとる

アフリカらしくドラムとダンスで葬式を盛り上げる

                                      クマシ  ガーナ  17/11/2016

便乗の物売りも出てくるが ちゃんと喪服らしきものを着ている


エンクルマの像

エンクルマ記念館 第二次大戦後のアフリカの独立運動を指導した「アフリカ独立運動の父」 1957年ガーナ共和国の独立を達成 

エンクルマの墓 

 


野口英世の像     コレブ病院構内

福島県出身 ペンシルベニア大学卒 

ロックフェラー医学研究所研究員

野口は黄熱病の研究中に自らも罹患し1928年ガーナのアクラで51歳で死去 

 

 野口英世記念館 「英ちゃん」の案内看板

 実際に野口が使っていた研究室


棺桶工房 パームヤシ(油ヤシ)の実の棺桶

全てオーダーメイドで約9万円位

エビの棺桶を製作中  故人はよほどのエビ好きかエビの漁師か ?


工房で遊ぶ子供達

二階の「ショールーム」からはみ出す魚の棺桶


大統領官邸

独立記念門   アクラ   ガーナ   19/11/2016


地元の陶芸品 左奥には窯もみえる

マンゴー売りのオバチャン  恥ずかしそうに喜ぶ


ヴォルタ川      ガーナとトーゴの国境近くを流れるアフリカで三番目の大河  ガーナ 19/11/2016    

国境近くの橋から見るヴォルタ川の河口  1885年この辺一帯ガ独領トーゴランドと宣言されたが 第1次世界大戦後の独領の分割で 東側はフランスがトーゴランドとして統治し  ”ヴォルタ川を含む”西側は英領トーゴランドとなり   後に英領ゴールド・コストと併合された(現ガーナ)

 【植民地政策】 アフリカでのイギリス の植民地政策は間接統治方式がとられ アフリカ人首長層を行政組織の末端に組み入れ  総督の下の行政審議会・立法審議会にもアフリカ人首長層を入れ 訓練をおこなった 独立後ガーナやナイジェリアではこの経験が国家運営に役に立ったはずだ  一方フランスのアフリカでの植民地政策は同化方式がとられ フランス文化を植民地に普及させ フランス化して吸収しようというものだった  一部エリートの同化民と多数の非同化民の二分化が進んだ  

【管理される通貨】旧仏領西アフリカと旧仏領赤道アフリカの14ヵ国は「CFAフラン」を使用しているが この14ヵ国は全ての外貨準備の65%(約2兆円)を共同準備金としてフランス中央銀行に預託して ユーロに対してのCFAフランの固定相場を維持している

  昨今経済成長著しいアフリカ諸国だが 例外的に成長が停滞しているのがCFA通貨経済圏

の14ヵ国で ユーロに固定されることで安定はあっても  輸出が伸びず また超低金利ではリターンもすくない   これを新植民地税というのでしょうか                     19/11/2016 


タンバルマ郷  結婚式に使われた牛の角の帽子    国立博物館 ロメ   トーゴ    19/11/2016

鉄を精製する炉とふいご

                                                                        トーゴ


ブードゥーマーケットの案内人 手にもっているのは薬に使ったり 儀式に使われるものです

 ワニ   フクロウ  サル  カメレオン  などがが乾燥されて売られている        ロメ   トーゴ


ブードゥー教 火の祭壇    年1回ここで火をともす儀式が行われる  ブードゥーマーケット   ロメ  トーゴ

トーゴの首都ロメは現地語で「小さな市場」の意味 ロメ港は水深が深く 堆積がすくない天然の良港 コーヒー豆・ ココア・ コプラ(ココナッツの核の胚乳を乾燥させたもの)・ パームヤシ などが輸出される


エヴァンジェリスト教会

本日はミサですが見学の許可がでた


みんな楽しそうにゴスペル調の讃美歌をうたっている  日本人を見るのはめずらしそうだ

 バオバブの木 種類は不明   ソトゥブアの村

中央州  トーゴ  20/11/2016

バオバブの実

実を二つに割ったところ   白い果肉は甘くはなかった がビタミンCやカルシウムを多く含む       種子からは油が取れ   若葉も食用樹皮は煎じれば解熱剤、解繊して編めばロープになる バオバブの蜂蜜もある 

(左)今年7月に上の写真のバオバブの種子を鉢に植えました 中々芽が出ず諦めていましたが  10月に種皮を帽子のようにのせて 鮮やかな緑の芽が出ているのを発見して感動しました 

現在約3cm  できるだけ育ててみたいとおもいます            自宅にて    3/10/2017


ポーズを取ってくれた農家のお母さん 衣装もきまっています            

農村の原風景はどこも同じように思う

15歳の娘さんが母直伝の手法でチーズを作っているところ         ソトゥブア   トーゴ


 ソコデのあるこの地方はテム族とコトコリと呼ばれるイスラム化した民族で構成され 70%がイスラム教徒で トーゴ最大のムスリム居住区で トーゴにあって独特の風情を持つ

 この民族が周辺に次々と村落を築き交易圏や文化圏をひろげていった    当時の主な交易品の一つが「コーラの実」であったと言う

                   ソコデ    21/11/2016

ブードゥー教炎の儀式(テュボール)   その昔ここは勇壮で知られた戦士たちがいたが ある日火を使って攻めてきた他部族に負けて村は焼かれた そのことを悔いた戦士たちは火の神と契約をした その後火によって侵略されることはなくなり   今も火の神との契約が続いているなごりだ こどもたちも楽しみが少ないのか みんな出てきてしんけんに見ている カラタオ ソコデ   トーゴ    

シアバターの木  女性に保湿クリームとして人気のシアバターがとれる 

シアバターの木(部分拡大)


ダンバルマ郷   バッサンバ村 ベタマリベ族が住む 世界遺産 トーゴ(側) 

円錐の土の塔は魔除けの意味があり   21/11/2016

入口には呪いの呪物 中二階はキッチン

バッサンバ村の村長 自身も店をひろげる


結婚式の儀式用帽子をつけて民族舞踊を披露してくれた バッサンバ村  ダンバルマ郷  トーゴ

楽しく踊ってくれるが生活は苦しそうだ

世界遺産になり観光収入にも期待が高まる


このバオバブはこの村にとって 象徴敵な存在なのかもしれません 

          バッサンバ村  ダンバルマ郷  トーゴ

バオバブの内部   立った状態で7~8人は入れるでしょうか 部族間の争いや奴隷狩りから逃れるために使ったといわれる

バオバブの入口  身体をねじってなんとか入れるが 少しカムフラージュするとまったくわからない



タタソンバ郷  タガリ村       ソンバ族が住む 入口には呪物 外壁には伝統の装飾文様が施されている ナティティンゴ  ベナン

青空の散髪風景

自宅を一人で増築している村長

二階の穀物倉庫


タガリ村 小学校 訪問  生徒数177人

校長室で窮状を聞かされ 寄付をねだられる


ジューグー   ドンガ  の小学校  生徒数2000人 30クラス  

校長先生いわく 「この学校は日本の援助で建てられた」


ここから南へ  サバルー 方向へ

コーラの実 (アオギリ科 アフリカ原産) 交差点の市場で売っていた コカ・コーラはカフェインを含むコカの葉とコーラの実が主原料だが現在「コカ」は名前だけで コカの葉は使われていない

交差点の市場で売っていた


 ダッサ   コリネス   ここで昼食を取る

21の岩山が続くサバルー山地

白い袋に詰めて売られているのはガリと呼ばれるキャッサバの粉                 ダッサ    ベナン

サバルー  神殿のあるブードゥーの聖地 ブードゥーはフォン族の言葉で「精霊」の意味                           ブードゥー教はもともとカリブ海地域に連行された奴隷の人々の伝承・信仰がキリスト教と融合してハイチでその基礎ができた宗教で ベナンの国教とされる        

     神官はオウンガンと呼ばれ 儀式を取り仕切るだけでなく病気の治療や除霊、祈願、占いなど様々な役割がある


アボメーは17C建国のダホメー王国の首都 奴隷貿易で栄えゲゾ王の時代に最盛期を向かえた 17C~19Cにかけてフォン族がアボメーの王宮群を建てた  1894年フランスの植民地となる  1960年ダホメ共和国として独立

1975年ベナン人民共和国に改称

このベナン唯一の世界遺産遺跡には12の王宮と要塞があります

         アボメー王宮と博物館 アボメー    ベナン  22/11/2016


外壁にはブードゥー教の影響をうけた

難解にして奇妙な動物のレリーフがたくさんある

新設部   ブードゥー的ダホメー文化のモダンアート?


ブードゥーダンス       アボメーの下町の狭い一角で演じられたブードゥーダンスは迫力があった 舞う人も演奏する人も観客をガードする人も みんな真剣で観る方にも緊張が伝わった いかつい顔のメインドラマーはなにやら怖かったが魅力があった  急に女性の踊りが入り笑みがこぼれた 

皮も裂けんばかりに激しくたたかれるドラムの音に  踊り手の気持ちも 観衆の気持ちも高ぶる

いきなりの女性ダンサーの熱演


日本のなまはげ的なものでしょうか

衣装のマントはポルトガル人がもたらしたそうだ


ブードゥーの聖地 ウィダの聖なる森  中は別世界

水木しげるの妖怪が出てきそうだ

入口にある一対のパンサー(ジャガー)像    

中央の大木は樹齢約400年のイチジクの木


この森はパッセ王が逃げ込んで(手前左端の)木に姿を変えたという伝説がある 神秘的!

奴隷商人 ドン・フランシスコ・デ・スザの邸宅跡

この前の広場には奴隷市場があったそうだ

口枷・足枷をされ繋がれた奴隷像


忘却の木のあった所に建つセイレーンの像 男は9回女子供は7回 過去を忘れるためにその木をまわらされた

ペリカンに咥えられている魚は奴隷のシンボルなのでしょうか

路地角にあるブードゥー神の祠

 ウィダ

帰らずの門 奴隷街道の終点 向うは大西洋 西インド諸島や南北アメリカにここからも多くの奴隷が送り出された ウィダの数々のモニュメントは2008年にアメリカに渡った奴隷の子孫たちがベナン政府に呼び掛けてできたものです

 当時奴隷の輸出港はウィダ(ベナン)、ゴレ島(セネガル)、エルミナ(ガーナ)、ザンジバル(タンザニア)、ポートノア(コンゴ)の5つがあった

かっての奴隷街道

亡くなった奴隷の墓地 中央の墓碑の黒は奴隷を赤は血を表す


ガンビエの水上生活集落 人口2万2000人  学校も病院も教会も揃っているという   ベナン               

空に開いた投網  4回投げて収穫0  最近の開発で水も汚染されているという  ガンビエ 13/11/2016